【緊急パッチ】Internet Explorer ゼロデイ脆弱性:Microsoft 社が緊急パッチを配布。XP ユーザーにも!


先日の Internet Explorer の全バージョン (Version 6 – 11) に影響を与える重大なゼロデイ脆弱性 (CVE- 2014-1776) を修正する緊急パッチが Microsoft 社から配布されました。

ie zero day

Internet Explorer の自動更新を有効にしている場合は、自動的に緊急パッチが適用されます。
Microsoft 社は、2014年4月8日付けで Windows XP のサポートを終了していますが、Windows XP ユーザーもこの緊急パッチの対象に含まれます。

なぜサポートが終了している Windows XP へもパッチが提供させることになったのか、Microsoft 社から正式な説明はありませんが、FireEye 研究所からの報告では、Windows XP 上で Internet Explorer 8 が起動しているマシンの脆弱性を悪用した新しい攻撃が確認されていることを示唆しています。

Windows XP をまだ使っているユーザーは、今回のセキュリティ上の脆弱性は、これから続出するゼロデイ攻撃の一つ目であるということを理解する必要があります。Emsisoft Anti-Malware をお使いの方は既にご存知だと思いますが、Emsisoft では少なくとも 2016年4月までは Windows XP のサポートを提供しますが、できるだけ早く Windows XP から Microsoft 社がサポートする OS にアップレードされることをお勧めします。

良い(ゼロフリー)日を!
Emsisoft チーム一同


Emsisoft Anti-Malware は、常駐型セキュリティソフトとして、他製品との併用が可能です。
今お使いのセキュリティソフトの検出漏れをキャッチできます。
今すぐ Emsisoft Anti-Malware 30 日間無料体験版をダウンロード!